本文へスキップ

屋上防水工事、陸屋根の雨漏り修理、外壁防水塗装は大阪の匠美工業(株)にお任せ下さい。

TEL. 0725-29-0116

〒595-0804 大阪府泉北郡忠岡町馬瀬2-9-21



・外壁劣化に対しての補修方法



外壁は紫外線や雨などの自然現象、また地震などによる外的要因により日々ダメージを受け続けています。

傷の手当のように劣化の具合によって補修方法が変わってきます。

ここでは色々な補修方法を出来るだけ分かり易く簡単な言葉でご紹介していきたいと思います。


チョーキング


全体的な見た目が悪くなってしまう劣化具合です。

手で外壁を触るとチョークを触ったように手についてします。

これは紫外線で塗料の成分が破壊されバラバラになってしまい、ほぼ全ての塗料で発生する経年劣化現象です。

チョーキングを起こしたままの壁に新たに塗料を塗っても強靭な塗膜を形成できない為、高圧水洗浄で汚れを落とします。

またチョーキングやそれ以外の頑固な汚れが落ちない場合は研磨機械により汚れを落とす方法もあります。


シーリングの劣化


シーリングの劣化は塗装のチョーキングと同様、経年劣化により伸縮性がなくなり亀裂が入ったりボロボロになったりします。

シーリングの劣化を健全に戻す事は出来ないので古いシーリングを撤去し、新たにシーリングを打設します。

ALCの壁は例外で既存シーリングを撤去しなくてもシーリングの厚みが確保できる場合が多いので撤去せずに増し打ちす事が多いです。
(適切な厚みが確保できていない場合は撤去します。)


ブリード


主にシーリングで起こる不具合です。

塗装工事はシーリングをしてから塗装すると言う順番が主ですが、シーリングに含まれる油が溶け出しせっかく塗った塗装を黒く犯してしまう現象です。
これは劣化現象と言うよりは施工不良でブリード現象の起きないタイプのシーリング材があります。

基本的には常識ですが、材料を確認せずに打ってしまったり無知識の者がこのような事を引き起こしてしまっているのかもしれません。

【ノンブリード】や【NB】と書かれているシーリング材が正解で見た目だけで分かります。

なおこのノンブリードで施工しないいけないのは塗装が被ってくる部分だけですので、タイル目地などの化粧部分に用いられるシーリング材はこの限りではありません。


クラック


コンクリートの外壁に出来るひび割れをクラックと呼びます。

国土交通省の定めではクラックの幅が0.3㎜以下か0.3㎜以上かで危険性が高いか低いかを見分ける一定の基準として公表しています。

0.3㎜以下はヘアクラックと呼ばれその名の通り髪の毛のような細さのひび割れです。

ヘアクラックは今すぐに建物に危険を与えるものと判断しない為、コンクリートに似た素材をペースト状にしたものをひび割れに刷り込むようにして補修します。

0.3㎜以上のクラックは構造クラックと呼ばれその呼び名は建物の構造に影響をもたらせてしまう可能性を示唆しているものと思われます。

構造クラックの補修方法は数種類ありますが、主に構造上主要な壁の場合は注射器のようなものでゆっくりひび割れの隙間を埋める材料を注入する低圧注入工法と、

クラックを専用工具でわざと1.0~1.5㎝くらい開いてしまい、そこに防水材を入れてからモルタルで塞ぐと言うUカット工法があり、この2種類がメジャーな補修方法です。


コンクリート・ALC等の欠損


コンクリートなどが欠けてしまった時は専用の補修材を用いて補修します。

二液性のエポキシ樹脂モルタルを練り合わせコテで成形していきます。

エポキシ樹脂は固まるとカチカチになり見た目はコンクリートのようになります。

エポキシ樹脂はそのまま放置する事は出来ないので乾燥後、必ず塗装などを施します。


露筋


露筋とは上記のコンクリート欠損部が大きくコンクリート内部に張り巡らせている鉄筋があらわになっている状態です。

露筋は非常に危険な状態です。

鉄筋が錆びてしまう事により構造上強度の低下を招きます。

また鉄筋は錆びると膨張しコンクリートを破壊してしまいます。

補修方法は錆止めを塗ってから欠損補修を行います。

ALCでも同じ補修方法を行います。



白華(エフロレッセンス)


白華(はっか)とはエフロレッセンスとも言い、見た目は白い液体が流れている状況です。

白華する原因の多くはコンクリート内に含まれる成分が雨などで流され結晶化したものと言われています。

また塩分濃度の高い水でコンクリートを打ってしまうと多く発生するとも言われています。

白華の多くは見た目の問題で構造上問題の無い物とされています。

白華を取り除くには高圧洗浄や専用の薬品洗浄で取り除く事が出来ます。


タイルの劣化


タイルに関する劣化は主に

・タイルのひび割れ・欠損
・タイル自体の浮き
・タイル下地の浮き

が挙げられます。

まずタイルのひび割れや欠損はタイルを張替える事により補修します。

タイル自体の浮き・タイル下地の浮きはテストハンマーや打診棒と呼ばれる専用の工具を用い音の変化を聞き分け調査します。

タイル自体の浮きだと高い音がなり、タイル下地の浮きだと低い音がします。
この音の聞き分けでタイルの張替えか下地にエポキシ樹脂を注入して固める補修方法かを判断します。

タイルは一見綺麗に張り付いているように見えますが地震などを受けると直下にいる方にとっては凶器と化します。

建築基準法の改正により
3年に1回の外壁を含めた建物の安全性を定期報告すること、異常があれば歩行者に危害を与える部分を全面的に打診調査または赤外線調査で確認する、
竣工後、外壁改修後または全面打診等の実施後10年を超えた場合、全面打診等で確認しないといけないと定められております。

タイルの劣化には十分ご注意ください。

(今後3年以内に改修や全面打診等の実施が確実である場合、歩行者の安全を確保している場合は除かれると言う規定もあります。)








屋上防水施工前

スマートフォン版