本文へスキップ

屋上防水工事、陸屋根の雨漏り修理、外壁防水塗装は大阪の匠美工業(株)にお任せ下さい。

TEL. 0725-29-0116

〒595-0804 大阪府泉北郡忠岡町馬瀬2-9-21

他サイトで簡単に見積もりをあげていませんか?

防水工事の見積もりは屋根を見てみないと基本的には出来ません。

架台があるか、端末の仕舞いはどうするのか、下地の状況でどんな防水方法で施工するのかチェック項目が多数あります。

ですので簡単にこの平米数でこの値段ですと言った見積もりは、最悪何か不具合があっても対処できるだろうと想定をした異常に高い見積もりと言わざるを得ません。

ちゃんと屋上を見てもらってから数量を出してもらい細かな明細を作ってもらう事をおすすめ致します。



明細に記載されている専門用語

本格的な防水工事では一般的にあまり耳に入らない専門用語が使われています。
もし見積もりを取られて分からない記述などありましたら参考にしてみて下さい。

ケレン・清掃

突起物等を刃物やハンマーで取り除き清掃すること。
cleanがなまってケレンになったという説も


高圧水洗浄

塩ビシート防水の絶縁工法などでは特に必要ないがウレタン防水の密着工法などで下地が汚れていると密着強度が弱まるため洗浄をする。

カチオン系モルタル樹脂ペースト塗布

主にウレタン防水の下地補修・調整の意味で記述されている。
ウレタン防水は不陸やザラザラの下地だと施工性が落ちるのでほとんどの下地に適用されている。
カチオンとは磁石の要素を用いた方法。樹脂の入ったモルタルなのでただのモルタルよりも伸縮強度に優れている。
施工方法は専用コテで厚塗りや、ハケ・ローラーで薄塗りなどさまざま。

笠木(撤去・復旧)

笠木とは立上りの天端からの雨水の侵入を防ぐ建築防水材。
主にアルミ素材が多い。
改修工事の場合外さず施工と言うのもあるが防水の仕舞いにはやや不安が残る。外す場合は復旧するか撤去・新設する2パターンがある。

パラペット

笠木での仕舞いの代わりにコンクリートを使って立上り天端に水が入らないようにした仕組みのこと。
アルミ笠木とは違い防水を施さないといけない。
主にウレタン防水で行う。

架台

ソーラーパネル設置の際の基礎や設備機器などを据え置く為の土台のこと。

密着

ボンド等で下地と接着させる工法のこと。
年数経過により防水層のふくれが起きる可能性がある。

絶縁

防水層は下地と接地しておらず縁が切れている工法。
下地の影響を受けにくい。

塩ビシート防水機械(的)固定工法

塩ビシート防水絶縁工法のこと。

ウレタン防水通気緩衝工法

ウレタン防水絶縁工法のこと。(通気工法と略される事もある。)

ウレタン防水X-1

ウレタン防水通気緩衝工法のこと。

ウレタン防水X-2

ウレタン防水補強クロス入り密着工法のこと。

FRP防水1プライ・2プライ

FRP防水の際ガラスマットを1枚張るか2枚張るかの工法の違い。
もちろん2枚張った方が強靭な防水層が形成されます。

脱気筒

各防水方法の絶縁工法の際に取りつける脱気装置のこと。
防水の種類によって異なるが50~100uに1個設置。

シリコン系シーリング

耐熱・耐候性に優れているが劣化と共に周りが汚れてくる特徴がある。
塗料はのらない。

変性シリコン系シーリング

耐熱・耐寒性はシリコン系に劣るが汚染が少ないのが特徴。
塗料がのり、弾力性も優れている。

(ポリ)ウレタン系シーリング

弾力性に優れ、シリコン系とほぼ逆の性能を持つ。
ホコリが付着し汚れやすいが基本的には上から塗料をのせる材料。







防水工事の見積もりでよく出てくる項目をピックアップしてみました。
この他にも分からない項目などありましたらお気軽にお尋ね下さい。

明細に記述されている内容がA社では「下地補修」、B社では「カチオン系樹脂モルタルペースト塗布」と一見違う工事のように見えて全く一緒の内容の事があります。
これは例えば携帯電話の事をスマートフォンと言うのと同じです。

分かり易く書いているのはA社。詳しく書いているのはB社。

どちらも正しいですがお客様からしたらどちらも不完全ですね。

添え書きなどをして詳しく分かり易く記述されてある見積書は信用度が高く施工もキッチリしてるのではないでしょうか。


見積書で工事会社を見透かす事も不可能ではないです。
見積もりはじっくり検討される事をお勧めいたします。

防水工事費用の概算だけ知りたい方は屋上の状況が分かるなら手書きでも構いませんので縦・横のおおよそのm数、架台の有無などを教えて頂けたら査定させて頂き簡単ではありますが積算させて頂きます。

もちろん現場を見させて頂けたらきっちりとした見積書を作成できます。
飛んで参りますのでお気軽にご連絡下さい。




 





ホームへ