本文へスキップ

屋上防水工事、陸屋根の雨漏り修理、外壁防水塗装は大阪の匠美工業(株)にお任せ下さい。

TEL. 0725-29-0116

〒595-0804 大阪府泉北郡忠岡町馬瀬2-9-21


用途が分かれば塗料選びは意外とカンタン。NEWS&FAQ


色んなホームページにも書かれている通り塗料は無数にあります。

なぜこんなに塗料がたくさんあるのかと言うと用途別に塗料が存在するからです。

メインの塗料を大きく分けると

 塗料名  期待耐用年数
アクリル樹脂塗料 3~6年
ウレタン樹脂塗料 5~8年
シリコン樹脂塗料 8~12年
ラジカル制御形塗料 10~15年
フッ素樹脂塗料 15~20年
無機塗料 15~20年


上記の6種類になります。

表を見て思う事はないでしょうか?

アクリル樹脂やウレタン樹脂塗料のように耐用年数の低い塗料を塗る人が居てるのか?

通常の家であればそのような塗料を塗られる方はあまりおられません。

ではなぜ耐用年数の低い塗料が存在するのか。

それはお家の周りの建物が高かったり隙間が小さかったりする影響で一日中日陰になる事が多い建物に採用するケースがあります。

またマンション・ハイツ等の内壁の塗装にも採用されるケースが多いです。

塗料の劣化を促進してしまう最大の原因は紫外線です。

期待耐用年数は塗料が紫外線に負けて色褪せやひび割れをもたらせてしまう年数の目安です。

逆に言えば紫外線が当たらない場所に高い塗料を塗ってもあまり意味がありません。


足場を建てなくても塗装の出来る建物や、5年サイクルで塗替えを決めている工場など劣化が始まっても塗れる状況にある建物は高価な塗料を塗っても費用対効果が薄い為、耐用年数の低い塗料を塗っても問題無いと言う事です。

一般のお家で東西南北、一日中日陰になる事や足場を建てずに塗装できるのは珍しいと思います。

従って通常お勧めするのは10年以上の耐久を見込めるシリコン樹脂塗料以上となります。


・次は費用を見ていきましょう。

 塗料名  期待耐用年数  平均平米単価
アクリル樹脂塗料 3~6年 1㎡あたり約1,300
ウレタン樹脂塗料 5~8年 1㎡あたり約1,400
シリコン樹脂塗料 8~12年 1㎡あたり約1,500
ラジカル制御形塗料 10~15年 1㎡あたり約1,600
フッ素樹脂塗料 15~20年 1㎡あたり約3,000
無機塗料 15~20年
1㎡あたり約3,000

アクリル樹脂塗料からラジカル制御形塗料までの単価の上がり方は緩やかですがフッ素樹脂塗料から一気に上がっています。

フッ素樹脂塗料や無機塗料は高層ビルや特殊建造物など一般的に改修工事の周期の長い建物に用いられます。

費用がかなり高い為、一般的なお家で採用される方はかなり少ないです。

建物の寿命を考え、「これが最後の塗装工事になると思うから」と高価な塗料を選ばれるケースもあります。


費用対効果が高いのは表の通りシリコン樹脂塗料・ラジカル制御形塗料と言えるでしょう。

またラジカル制御形塗料が発売される前はシリコン樹脂塗料がほとんどでした。

ウレタン樹脂塗料と金額にほとんど差が無い為でしょう。

しかしシリコン樹脂塗料とほぼ同じ費用で期待耐用年数が3年ほど伸びるラジカル制御形塗料が2012年に発売されてからはラジカル塗料が爆発的に売れるようになりました。

通常の塗替えでは今現在ではこの塗料をお勧めしてくるお店が多いと思います。

総合的に一般的なお家ではラジカル制御形塗料が一番お勧めで次にシリコン樹脂塗料になるかと思います。


・まとめとして

 塗料名  期待耐用年数  用途・説明
アクリル樹脂塗料 3~6年 万年日陰壁・内壁など。
ウレタン樹脂塗料 5~8年 足場不要な部分・短周期的な塗装工事を考えている方に。
シリコン樹脂塗料 8~12年 耐久年数は欲しいが費用もギリギリまで抑えたい方。マンションでの採用が多い。
ラジカル制御形塗料 10~15年 費用対効果の一番高い塗料。一般住宅外壁向けに開発された。
フッ素樹脂塗料 15~20年 高層ビルなど改修工事の頻度が少ない建築物に採用されやすい。
無機塗料 15~20年
塗料の原料の一部が人工的でなく自然から作り出された材料の為、紫外線による劣化が少ない。

このホームページをご覧の方の大半はシリコンかラジカル樹脂塗料を選択されるかと思いますが、他の塗料も気になると言う方の為に下記では更に塗料を深堀りしていきたいと思います。


↓下記工事中↓

・『アクリル樹脂塗料』へ

・『ウレタン樹脂塗料』へ

・『シリコン樹脂塗料』へ

・『ラジカル制御形塗料』へ

・『フッ素樹脂塗料』へ

・『無機塗料』へ